アンドロヤマトのポンプ作用でペニスのお悩みを一気に解消!

短小(マイクロペニス)の増大治療について

ペニス増大、ペイロニー病の術後治療器具 アンドロペニス陰茎の増大方法には、ポンプを使った方法もあります。 真空ポンプにより、陰茎を膨らませて強制的に大きくする方法です。

女性の場合でも、真空ポンプにより胸に脂肪を集める豊胸治療がありますが、考え方は同じでも効果は全く違う物になります。 脂肪は集めた場所に定着させる事が可能ですが、陰茎の増大は血液を集めて大きくするので、その場に留める事はできません。 その為、血管を膨らませて血液が流れる量を多くする事で、陰茎を増大させるのです。

この理論は、アンドロペニスによる治療と同じ理論です。 アンドロペニスも、陰茎に流れる血液の量を多する事で、陰茎増大を行う補正器具なのです。

また、ポンプ増大法ではペニスをある程度太くすることは出来ても長くすることは難しいのが現状です。ポンプ式増大器具を選ぶ際はパワーだけのだたペニスを吸引することしか考えていないポンプ式増大器具ではなく、口コミや評判をちゃんと調べてから選ぶようにしましょう。

ペイロニー病について

アンドロペニスは「ペイロニー病」の治療にも効果があります。

ペイロニー病(形成性陰茎硬結)

「ペイロニー病」とは、ペニス曲がった状態になってしまう症状ですが、曲がったペニスが「ペイロニー病」という事ではありません。 陰茎の組織が部分的に硬くなってしまい、海綿体の中に均一に血液が循環しない事により、勃起時に陰茎が曲がってしまう症状で、症状がひどい場合には、勃起時の陰茎が「くの字」に曲がったようになり、性交が困難になったり、性交時に痛みを伴います。

性交が可能な場合でも、生物学的に性交が可能というレベルになってしまう事もあり、一般的に外科手術による治療を行い、血液の流れを改善する治療を行います。 しかし「ペイロニー病」の手術は、敏感な部位にメスを入れるため「陰茎が短くなる」、「感度が鈍くなる」などの、リスクを伴います。

アンドロペニスは、このようなリスクを考慮する事なく、症状の緩和・改善の効果があります。

ほとんどのポンプ増大器具はペイロニー病の治療を想定していないため残念ながらポンプ増大器具ではペイロニー病を治療することはできません。

自然ペニス増大法