ペニス増大方法の種類

 

多くの男性は、興味があっても、「ペニスは生まれたままの方がいい」という意見が少なくありません。
個人的な意見としては、まずペニスを増大する(増大したい)理由を考えて欲しいのです。

ペニスは男性のシンボルです。

大きなペニスを持つと自信につながります。

自信を持つことは大事なことです。

自信を持つと、仕事や人間関係が上手くいきます。

ひとつ成功すれば、必ず次の成功につながるのです。

男性は自信を持つことにより、元気になれると信じています。

現代社会の中では、たくさんの規制があって、自分ではどうにも出来ないことばかりです。
しかし、自分の努力次第でペニスサイズを増大することが出来る。 つまり、常識で変えられないと思っていたことが変えられるのです。 更に、硬さや持続力が改善されることによって、あなたの大事なパートナーをもっと満足させることができ、今まで以上に愛情を深めることが出来ます。

ペニス増大は、あなただけの問題でなく、パートナーの幸せにもつながります。

また男性がペニスのサイズを気にするのはセックスのためだけではありません。
男同士裸の付き合いもあるでしょう。
地方に行くと風呂場で男性が前を隠す行為を「女々しい」と思われることもしばしばあります。
社員旅行や修学旅行で大浴場に入ったり、近くのスーパー銭湯に行くことだってあるでしょう。
スポーツクラブや海水浴場の更衣室で着替えるときや、盲腸の手術や大けがをしたときは看護士さんたちに見られることもあるでしょう。

そんな時、自分のペニスに自信を持っていられたら常に堂々としていられるはずです。

ペニス増大は実現可能です。

色々なタイプの増大方法

増大マッサージ法

タイプAの方法

これは、4つ位のカリキュラムから成り立っています。 毎日行うもの、一週間に一度行うものなど。 括約筋を締め付ける訓練をし、半屹立した一物を根元の方から先へ絞っていく、いわゆるポンプです。 そして、マッサージ後の温シップによって、海綿体の血液がたまる空洞の体積を大きくする。 この空洞部に血液がたまり、エレクト状態になることで、空洞部の体積が大きくなるらしいです。

タイプBの方法

もう一つのタイプは、Vゾーンマッサージ法。 陰茎の睾丸よりもっと付け根の部分、いわゆるVゾーンをスクイーズするようにマッサージ。 亀頭部も同じようにマッサージします。 その際、くびれの部分は触らないようにとの但し書きがあります。

タイプCの方法

勃起した陰茎の根部を握り締め、陰茎全体がパンパンになるよう一定時間保持し、これを繰り返す方法です。

いずれのタイプも、考え方は空洞部に血液を送り込み、この空洞部を押し広げようという魂胆でしょう。 なかなか理論的ですが、危険を伴う可能性があります。

薬剤(クリーム等)を使ったペニス増大方法

PenisEnlargementCleam(ペニスエンラージメントクリーム)と言うのがあります。 古代××人が使用していた、薬草のエキスを・・・と言う謳い文句でした。 これを陰茎に塗ってマッサージするそうですが、温シップは忘れないように。

器具を使ったペニス増大方法

いわゆるペニスポンプです。 シリンダーの中に陰茎を挿入し、ポンプで空気を引き出し、中の陰茎を大きくするという方法です。

自然ペニス増大法